つまり地域多職種協働セミナー2019に2名の学生が参加しました

令和元年8月20日(火)~8月22日(木)まで十日町市、津南町の高齢者施設において地域包括ケアシステムの構築を見据え、実際の高齢者ケア現場を活用し、様々な捉え方や考え方を各医療職種を目指す学生達が多職種協働しながら学び合い、自らの専門性を深めるセミナーが開催されました。(このセミナーは新潟県立看護大学老年看護学小野幸子教授が研究代表の科研費のテーマでもあります。)このセミナーに研究室から2名の5年生が自らのスキルアップのために積極的に参加しました。様々な医療職を目指す県内外の医療系大学からの学生さんと共に具体的な支援策を考え、まとめました。大変充実した3日間を過ごしたようです。