平成26年度 ひらめき★ときめきサイエンス 受講生募集のご案内

皮膚疾患に適用する薬を調製し、その機能や効果を調べてみよう

皮膚を投与経路にすると、薬を飲みこむのに不自由な人にも使え、注射のように痛いこともありません。

さらに、薬を中止したいときは拭き取ったり、はがしたりすれば直ぐに投与をやめることができるので、お薬の投与経路として「皮膚」は注目されています。

そんな皮膚に作用する薬(皮膚への塗布剤など)を実際に作製してもらい、薬の成り立ちとその吸収、効果についてみなさんと一緒に考えてみたいと思います。

 

イベントの詳しいご案内、及び参加申込は下のPDFパンフレットをご覧下さい。