新潟薬科大学 薬学部

物理薬剤学研究室

薬学実験講座

平成28年度ひらめき☆ときめきサイエンス

 平成28年7月31日(日)に、中高生を対象としたひらめき☆ときめきサイエンスを開催しました。

本年度は「「使いやすいくすり」ってどんなもの?「使いやすいくすりってどうやって決めるの?調べてみよう」というテーマで、水剤や軟膏剤、クリーム剤の使いやすさを「硬さ、粘度」という観点から考えてみました。

 当日は暑い中、中学生16名、高校生12名と多数参加していただきありがとうございました。

少しでも楽しんでいただけて、薬というものに興味をもっていただけたとしたら幸いです。

カテゴリ: 

平成28年度 ひらめき★ときめきサイエンス 受講生募集のお知らせ

 

私たちは薬を「効かない薬なんて役に立たない!」というふうに考えが

ちです。でも薬を開発するとき「効く!」と言うことだけを考えていれ

ばいいのでしょうか?薬を使う人はお子様であったり、高齢者であったりと様々です。

本当に「良い薬」とはそれを使う人にとって簡単に使いやすく、そして効く薬をいうの

ではないでしょうか?このプログラムでは薬をより使いやすく提供するため欠かすこと

のできない実験について、軟膏剤やクリーム剤を使って体験してもらおうと思います。

 

カテゴリ: 

平成27年度 ひらめき★ときめきサイエンス 受講生募集のご案内

皮膚を投与経路にすると、薬を飲み込むのに不自由な人にも使えるし、注射のように”チクン”と痛いこともありません。

カテゴリ: 

平成26年度 ひらめき★ときめきサイエンス 受講生募集のご案内

皮膚疾患に適用する薬を調製し、その機能や効果を調べてみよう

皮膚を投与経路にすると、薬を飲みこむのに不自由な人にも使え、注射のように痛いこともありません。

さらに、薬を中止したいときは拭き取ったり、はがしたりすれば直ぐに投与をやめることができるので、お薬の投与経路として「皮膚」は注目されています。

そんな皮膚に作用する薬(皮膚への塗布剤など)を実際に作製してもらい、薬の成り立ちとその吸収、効果についてみなさんと一緒に考えてみたいと思います。

 

カテゴリ: 

ひらめき★ときめきサイエンス 受講生募集のご案内

使いやすい薬をつくるための「界面活性剤」の威力・不思議な力を体験しよう!

「界面活性剤」と聞くと、「洗剤でしょ!」って思う人いるんじゃないですか?いえいえ、界面活性剤の威力はそれだけじゃないんです。私達の暮らしに想像以上に深く関わっている物質なんですよ。

カテゴリ: 

平成24年度女子中高生の理系進路選択支援プログラム 実施報告

当日の様子

新潟薬科大学では、『女子中高生集まれ!未来に輝く女子力!「NUPALSサイエンススクール」に参加して貴女の未来をつかもう!』と題して、平成24年7月22日から8月22日までの1ヶ月間、「NUPALSサイエンススクール」を全7回に渡って開催しました。ご参加下さった皆さんありがとうございました。

カテゴリ: 

平成24年度ひらめき☆ときめきサイエンス 実施報告

当日の様子1

平成24年7月29日(日)に、中高生を対象とした『平成24年度ひらめき☆ときめきサイエンス  ~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI』を開催しました。多数のご参加ありがとうございました。

カテゴリ: