新規皮膚疾患治療薬の開発と経皮吸収についての研究

我々のこれまで研究から「薬物の両親媒性物質との分子複合体化」は、 本来薬物単体が有する性質に新しい機能を付加できることがわかりました ( 特許1 ) 。 本内容を製剤、香粧品科学領域に利用し、新規色素沈着治療薬の開発に取り組んでいます。 その新規開発薬剤の物性、効能効果(図3)等を検討した結果、この開発薬が色素沈着治療薬として有用性高い薬剤であると期待されています ( 特許2 ) 。 さらに、両親媒性物質を幅広く利用する新規コロイドキャリアーシステムの提案による皮膚吸収されにくい薬物の経皮吸収促進や、 アンチエイジング薬剤開発にも取り組んでいます。