新潟薬科大学 薬学部

物理薬剤学研究室

物理薬剤学研究室サイトにようこそ!

機能性医薬・化粧品材料の構造
機能性医薬・化粧品材料の構造

当研究室では、両親媒性物質と医薬品との複合体形成のメカニズムを解明し、その複合体化を利用した新たな機能性をもつ医薬・香粧品材料の開発を行っています。

また当研究室で過ごす学生さんは4,5,6年生の3学年が学年を超えた友人関係を築きながら、チーム医療でも大切な協調・協働しながら、勉学、研究を進め、また薬剤師に必要な多くの素養に磨きをかけながら、楽しく過ごしています。

Hot News

物理薬剤学研究室で研究を行ってきた新津高校生徒が課題研究発表会で成果報告を行いました。

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が主催する『中高生の科学研究実践活動推進プログラム』に新潟県立新津高等学校が採択され、昨年度より生徒さん達は物理薬剤学研究室で課題研究を行ってきました。その成果を平成29423日(日)新津高等学校で開催された「課題研究発表会」で生徒さん達が発表しました。新津高校の生徒さん達はそれぞれの研究内容を分かりやすく熱意をもって説明し、質疑応答にもしっかりと対応していました。

<研究テーマ>

 1.使いやすい薬ってどんなもの?

 2.香りで勉強効率UP

   3.香りのマスキング法の開発

カテゴリ: